日本初 転職 柔道整復師 機能訓練指導員 旅程管理主任者 障害者スポーツ指導員

リハビリ(左半身麻痺)麻痺側の筋肉にアプローチ

こんばんは。

 

今日は左半身麻痺の方をリハビリしました。普段は車椅子を利用していて、歩行訓練を行うときに立ち上がる位の運動です。リハビリは作業療法士の方が行なっているのですが、今日はお休みのため私が行うことになりました。

 

リハビリの目的は杖を使っての歩行を安定させる事と、歩行時の姿勢を良くする事です。本人はこれができれば買い物に杖歩行で行ってみたいとのことです。

 

私は歩行訓練の前にいつも検査をするのですが、麻痺足の足関節が拘縮していることに気が付き、拘縮を和らげてから歩行訓練を行うことにしました。麻痺側は装具をつけていますが、その装具は底屈方向には稼働せず背屈方向に稼働するものです。なので歩行時にも背屈できるのですが、足関節が拘縮しているため下肢全体が硬い動きとなってしまっている状態です。

 

足関節の拘縮を和らげるために、下肢の筋肉にアプローチをし、次に足関節のアライメントを整えるようにしました。足関節は構造上内旋方向に行きやすいので、距骨を調節しながらアライメントを整えました。

 

すると足関節の可動域が広がり、本人も楽になったと感じることができるようになっていました。

 

麻痺側の状態を出来るだけ良くし、肝心な歩行訓練を行うと

 

背屈方向に稼働できるようになっている事もあり、前回より足運びがスムーズになってきていることと、バランスが崩れにくくなってきました。

 

次回もリハビリ頑張ります!!!