日本初 転職 柔道整復師 機能訓練指導員 旅程管理主任者 障害者スポーツ指導員

リハビリ(右股関節の拘縮)大腿四頭筋にアプローチ

こんばんは。

 

今日は、右股関節拘縮の方をリハビリしました。週に4回施設を利用されている方で、土曜日だけリハビリの方法を変えています。

 

いつもは平行棒を利用してトレーニングを行い、続いて歩行トレーニングを行なっていますが、土曜日は右股関節の拘縮を和らげる施術をしてから歩行トレーニングを行うことにしています。

 

ベッドに背臥位になり検査をすると、ベッドと膝裏の隙間が拳2個ありました、筋肉の関係上、膝裏がベッドに着くことはないのですが、だいたい拳半個位で正常範囲で筋肉のつき方で変化します。

 

股関節の拘縮に関与しているのが大腿四頭筋で、特に大腿直筋は2関節筋なので大事です。この大腿四頭筋に今回もアプローチしていきます。

 

方法はKYT(KenYamamotoテクニック)で大腿四頭筋全てにアプローチします。

そして、筋肉を緩める時に注意しているのがストレッチをかけた時は持続圧緩めた時は揺さぶるです。大腿四頭筋にストレッチをかけて持続圧ですね。

 

一通りKYTが終わり、もう一度検査をすると、ベッドと膝裏の隙間が拳半分まできている。今回でかなり股関節の伸展が行えるようになりました。本人と確認もしました。

 

さて、メインは歩行時に進展できているかです。

 

杖を使っての歩行訓練ですが、ベッドから立ち上がると

 

確かに以前よりかは姿勢が良いのですが、股関節の完全伸展まではいきませんでした。股関節が進展できるのは背臥位での事で、立位になると他の要素が加わるのかもしれません。

 

今日は解剖学と運動学の辞書を読み直してみたいと思います。何かヒントがあるかもしれません。

 

また次回もリハビリ頑張ります!!