日本初 転職 柔道整復師 機能訓練指導員 旅程管理主任者 障害者スポーツ指導員

ディズニー研修終了しました

こんばんは。

6日・7日の2日間に渡って、介護現場改革Campが行われました。

目的は介護の現場に、ディズニー流サービスを取り入れる事です。

 

場所は、東京ディズニーシーで行いました。私自身ディズニーシーは10年くらい前に1回行ったっきりで、ディズニーの記憶が殆どありませんでした。

 

ディズニー研修について、携帯でメモした事を添付します。その時感じた事、考えた事をメモで、改革Campで与えられているミッションについてもメモしてあります。

 

私個人の感じた事です。

 

f:id:sakusaku440:20181108001643j:image


入口 スタッフ

たのしんで!行ってらっしゃい!

いらっしゃいませは言っていない。なぜ?ディズニーではいらっしゃいませはコミュニケーションでは無いとされている。

 

必ず、相手の目を見て、体を向けてコミュニケーションをとる。

 


並ぶ場所を分けるロープは黒ずみなしで綺麗!

f:id:sakusaku440:20181108001812j:image


パーク内の手すり

雨で濡れている箇所は、細部の装飾部まで拭いている。

f:id:sakusaku440:20181108001857j:image

実は裏側は滑らない素材になっている。

 


子供は身長制限があるので、リストバントなどで何回も図らなくていいようになっている。

 


タートル・トーク

名前を直ぐにおぼえて、名前を言いながら話す。どんな質問も最後は笑える話になる。

お寿司の話・・・子供の質問でお寿司は何が好き?に対しての答えは、お魚は餌じゃ無いよ♪お友達だよ♪


キャスト全て

いつもてをふっている。笑顔。

 


雨の日に気を付けていること。

男性キャスト

滑らないように。その場に応じて、自分で対応している。カッパを着ると耳が塞がるので、大きい声で話す。

 

 

女性キャスト
言葉の違う方。

出来る英語で対応。

それでも出来なければ、ジェスチャーや持っている地図を広げて対応。

気が付いたのは、海外の方の方が伝わるのが簡単。日本語の方が難しい。

f:id:sakusaku440:20181108002413j:image

 

パーク内で枯れてる花が無い!

f:id:sakusaku440:20181108002639j:image

 

介護現場改革Campミッション

ミッション1

報い 認め 讃える(仲間との絆)

☆(リーダー)埼玉県 率先してプランを考え、皆んなを引張って行く。

☆神奈川県 お酒強者 今年介護業界へ転職、理由は将来を考えてとの事。

江戸川区で介護 

☆神奈川県 昆虫大好き 精神障害者施設 ミッションに対してメモを取っている。ミッションに真面目に取り組んでいる。

☆車大好き ご家族も車大好き。

☆ディズニー大好き 今年介護事務へ転職 今の仕事が楽しい。

 


ミッション2

細部のこだわり

視覚障害者の方が乗り物の形が分かるように、スケールモデルが用意されている。

f:id:sakusaku440:20181108001541j:imagef:id:sakusaku440:20181108001609j:image
f:id:sakusaku440:20181108001612j:image
f:id:sakusaku440:20181108001602j:image

②園内地図も点字や地図自体に凹凸があり分かるようになっている。

f:id:sakusaku440:20181108002439j:image

 

タートル・トークの順番待ちで列を誘導するロープが綺麗。

④レストランのスロープで落ち葉で書いたミッキー。

f:id:sakusaku440:20181108002507j:imagef:id:sakusaku440:20181108002515j:image


ミッション3

遊び心

タワー・オブ・テラーについて

これ自体は、乗り物が下に落ちるだけ、富◯急の方がもっと怖いのではないか。

他の絶叫アトラクションと違いは、

①ただ落ちるものにストーリーがある事 デズニーではキャストがストーリーを進めていく。話し方やジェスチャーに工夫がされていて、ストーリーを聞いていくうちにゲストがマジックにかかる。富士急は落ちる事自体がメインになり、ストーリー性は殆ど無い。

 


ミッション4

安全

①様々な国の言葉で説明

②アトラクションではキャストのストーリー説明の中に、必ず非常の際にはと説明が入っている。

③パークでは雨天時でパレードの変更があり、理由で第1に取り上げていたのは、安全面。

④キャストは雨天時にゲストが転倒しないように声かけや、通路の水を取っている。雨が止んでからでは遅いそうなので、雨の様子を判断して早めに行動できるよう心掛けている。

f:id:sakusaku440:20181108002733j:imagef:id:sakusaku440:20181108002753j:image

 

⑤雨天時ではキャストがカッパを着ているので、フードによって両耳が塞がる、なので声を大きめにして話している。

 


ミッション5

待つ苦痛を喜びに

アトラクションの待ち時間では、ストーリーに合わせた内部の装飾、列が進むにつれて装飾がリアルになり飽きない様、またストーリーに入りやすい様に工夫されている。

f:id:sakusaku440:20181108002825j:image


施設で待ち時間を工夫できる事

コミュニケーションでの対応

①個人対応 長時間の会話は出来ないが、個人の興味のある事を事前に把握できれば会話が出来る。内容の深い話が出来る。

タートル・トークで名前を聞き、ゲストとの距離感を縮める様にしている。


②集団対応  大まかな内容での話になるが、全体と話が出来るので全員が退屈しない。

 


ミッション6

ユニバーサルデザイン

①海外からのゲストに対して、話せる英語を使っている。通じないときは殆どジェスチャーで対応している。園内マップは英語表記あり。

f:id:sakusaku440:20181108002855j:image

常に3種類位のマップを持っているとの事

 

視覚障害者の方には、スケールモデルがあり触覚で乗り物が分かるようになっている。

③車椅子対応もあり、専用の通路が用意されている。

 

 

 

ラストミッション

マジカルモーメント

ストーリーに誘導する話し方。それはコミュニケーションの取り方。キャストの話すスピードや内容

スピードについて

①ゆっくり 全てのゲストが理解できるスピード

②時に早く アトラクションによって話すスピードが時折変化しているタートル・トークでは殆どゆっくりだが、タワー・オブ・テラーでは話の中でスピードが変化しており怖い話の場面では、スピードが早くし感情を駆り立てるよう。

 


内容

①アトラクションの内容については、様々な年齢層、様々な国の方に対してなので

すごく簡単な説明しかしていない。

 

コミュニケーションによってマジカルモーメントに導いている。

 

 

以上が、ディズニーシーでの私のメモです。2日目にチーム事でプレゼンがあり、全員のメモを元に私たちチームのプレゼンを作成いたしました。

プレゼンはディズニーで得たサービスを介護現場で使う事です。ディズニーと介護なので難しのですが、チームで良い案が出せたので、3チームある中で優勝できました。

 

プレゼンを掲載したいのですが、すみません。

 

後は行動です。

早速、職場で実行していきたいと思います。