日本初 転職 柔道整復師 機能訓練指導員 旅程管理主任者 障害者スポーツ指導員

リハビリ(右股関節の拘縮)大腿四頭筋にアプローチ

こんばんは。

 

今日は、右股関節に拘縮がある方をリハビリしました。メインは歩行訓練ですが、拘縮が強いため姿勢が保てなくなります。いつもはトレーニングを行い、歩行訓練を行なっているのですが、土曜日だけ集中して股関節の拘縮にアプローチしています。

 

初めは検査が必要なので、ベッドで背臥位になり股関節の拘縮を確認すると、目印はベッドから膝裏がどの位離れているかをみています。

 

f:id:sakusaku440:20190601141722j:image

 

今回は拳2個分くらい浮いていますね。筋肉があるのでベッドに膝裏がくっつくことはないので、大体の半個分くらいまでになれば正常範囲に入るのではないでしょうか。そのほかに、ニュートンテストなど股関節に関係するテストを行ないましたが、特に陽性になるようなのはありませんでした。

 

歩行訓練は良い姿勢で行なってもらいたいので、股関節の拘縮が強いと前傾姿勢が出てしまいますから、股関節を正常に近い可動域にし前傾姿勢が強くならないようにと考えています。

 

今日の方は、股関節の拘縮に大腿四頭筋が強く関与していて、何回かの施術で拘縮が和らいでいることを確認しています。

 

KYT(KenYamamotoテクニック)にてアプローチし、もう一度検査を行いました。

 

f:id:sakusaku440:20190601141733j:image

 

結構、拘縮が和らいできています。拳が入らないところまできています。

可動域が正常に近い方が、歩行時に姿勢も良くなります。この状態を維持したいので、ケアの方法をお伝えし次週につなげていきたいと考えています。

 

次回もリハビリ頑張ります!!