日本初 転職 柔道整復師 機能訓練指導員 旅程管理主任者 障害者スポーツ指導員

リハビリ(右股関節の拘縮)

こんばんは。

 

今日は右股関節の拘縮がある方をリハビリいたしました。生活のほとんどが車椅子での生活となり、股関節を伸展する事がない状態です。

 

私は1ヶ月ぶりにこの方をリハビリします。下肢筋力が低下しない様に、いつも抵抗運動を行います。

 

こちらの方は股関節の進展ができず、屈曲位で拘縮していて、背臥位になると膝の裏がベッドにつかずこぶし2個半浮いてしまいます。(膝は完全伸展できています)

 

股関節の進展が出来なくなるという事は、例えば立位になった時に、股関節からくの字になった状態で維持することになるので、バランス悪いので転倒する可能性がありますし、腰への負担も大きくなります。

 

私は抵抗運動の前に、拘縮を和らげる様にしています。手技はKYTをつかって大腿部から下腿部にかけて施術を行いました。施術後にもう一度ベッドから膝の高さを確認したところ、拳1個分まで拘縮を取る事ができました。

 

可動域を確保してから抵抗運動を行い、お話を聞いたところ、しっかり力が入っている感じがあるとお聞きしました。

 

狭い可動域の中でリハビリを行うより、正常に近い可動域でリハビリを行える方が効率が良いですね。

 

また次回、どの様に変化しているか楽しみです。

 

sakusaku440.hatenablog.com

sakusaku440.hatenablog.com