日本初 転職 柔道整復師 機能訓練指導員 旅程管理主任者 障害者スポーツ指導員

リハビリ改革に向けて

こんばんは。

 

今日は、月に一度の社内会議がありました。年内最後の会議なので、来年から行なうリハビリ改革の説明を行うことになりました。

 

今の会社では、3年間出来なかったことを、私が見切り発車をし、準備を行い来年スタートとなりました。

 

当然、反発があります。入社半年の人間が、3年間出来なかった事をいきなりスタートさせたのですから。見切り発車したのには理由があります。

 

今の会社ではこの理由が最大の弱点です。

 

皆んなの理解を得ようとする事

 

これだけ

 

この理由で3年間プランが進んでなかったんです。

 

私は社長に言われました。

理解は得なくていい、スタートさせてくれ!

 

社長はもどかしかったのではないでしょうか、自分の会社よりコンサルした会社の方が日本一と呼ばれるようになってしまった事が。

 

私は発表して実感しました。

 

反発内容は、これです。

 

負担が増える事

 

みんな自分の負担が増える事を心配しているんです。

確かに負担が増える事って嫌ですよね。私も嫌ですよ。

 

でも、今日頼んだのは利用者のリハビリ目的を確認することだけです。ファイルに訓練計画書があるので、目標を見るだけ、覚えてって言ってない。1日一人づつ見る。

 

時間的に3分もあれば確認できる事をして欲しかったのですが、負担になると反発が来てしまった。

 

自分の説明不足もあるのかもしれません、説明が淡々としていたとか、少し威圧感があったとか言われました。

 

果たして、楽しく、威圧感も無く説明して2年進まなかった改革が進むのでしょうか?成功させるには、もう甘えていてはいけないのではない時期ではないでしょうか?また来年も出来ませんでしたは通用しないのではないでしょうか?

 

少し淡々と威圧感もないと出来ないと私は感じたので、急き立てるような説明をしました。

 

まあ、これで出来ないようなら、あと何年やっても目標なんて達成できないでしょう。

 

私は準備を一人で行っています。なぜ一人かと言うと周りの理解は待ってられないから。

 

来年はもう直ぐです。

 

皆さんは今年中にやっておきたい事、来年やりたい事ありますか?